さわさわさわ。
風に吹かれてなびくその様は、まるで波のよう。
陽光を浴びて輝く銀色の穂並みに見とれ、しばし時を忘れました。
秋の七草ススキには、風流という言葉がよく似合います。