夏草に覆われて今にも道がなくなりそう。
人の背丈よりも高い草がぼーぼーと。まるで迷路にでも迷い込んだような気分になります。
通る人がほとんどいないのか、誰にも行き逢いませんでした。