日記・コラム・つぶやき

ミツバチは何処に消えたのか

960_3554

最近、ミツバチの姿をほとんどと言っていいほど見かけなくなってしまいました。
春になるとうるさいくらいにあたりを飛び回り、花の蜜や花粉の採集にいそしんでいたのに……。
競うように咲き乱れている里山の花たちも、心なしか寂しそうです。
受粉をミツバチに手伝ってもらっていたらしい不知火家の杏も、今年はさっぱり実がなりません。
うーん、どうしたんだろうと怪訝に思っていたら、テレビのニュースで世界的にセイヨウミツバチが大量失踪(大量死?)していることを知りました。
専門用語で蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder , CCD)として、かなり古くから知られている現象のようです。
CCDを簡単に説明すると、セイヨウミツバチたちのうちの成虫(おもに働き蜂)たちが、一夜のうちに、女王蜂や幼虫たちを置き去りにしたまま忽然と姿を消してしまう現象です。
大量失踪の原因は未だ謎に包まれていて、専門家も完全に原因を特定できてはいない様子。
興味のある方はWikipediaに詳細な記事が載っているので、そちらの方にどうぞ。

不知火家の杏の不作はともかくとして、近隣の農家の方や養蜂業を営んでいる方達は甚大な被害を受けていますし、他人事として片づけてしまうことなどできません。
そんなわけで、不知火なりにこの現象を考察してみました。
まず、推論自体がかなり長くなるので、結論から先に言います。


蜂群崩壊症候群はセイヨウミツバチが種族そのものを守ろうとする本能的行動である。


セイヨウミツバチには、自分たちのコロニーの近くに何らかの理由で崩壊してしまった同種族のコロニーを見つけると、そこに貯蔵されていた食糧を持ち去ってしまう習性があるそうです。
コロニー崩壊の原因がミツバチたちの天敵……、たとえばスズメバチなどによるものなら、特に問題はないはず。でも、もし仮にウイルスなどによる伝染力の強い病気だった場合はどうでしょう? 貯蔵していた食糧がすでに汚染されたものだったとしたら? 健康なコロニーのミツバチたちは、病気の原因そのものを自分たちの巣に持ち帰ってしまうことになります。
伝染病がコロニーからコロニーへと次々に伝播していけば、セイヨウミツバチという種そのものが壊滅的なダメージを受け、滅んでしまうかもしれません。
それを防ぐにはどうすればよいのか。

コロニー内で体調不良を訴えるミツバチたちの数が増え、ある閾値(しきいち)を越えたとき、蜂群崩壊症候群は起こるのだと思います。

つまり、体調不良を感じている蜂もそうでない蜂も、自分たちがある種の伝染病にかかっていると仮定して考え(ミツバチにそれほど高度な思考力はないはずなので、本能的な行動により)、何らかの分泌物によるマーキングを行い、同種族のミツバチたちに 自分たちのコロニーが汚染されているかもしれないから近づくな と云うメッセージを残して巣を後にするわけです。そしてミツバチたちは、できうる限りコロニーから遠く離れた場所でひっそりと最期の時を迎える……。
種族そのものを守ろうとする本能の方が、自分たちのコロニーを守ろうとする本能よりも強いのだとすれば、納得がいきませんか?

ミツバチが集団で体調不良に陥る原因は様々です。
ウイルス、病原菌、ある種のカビやダニ、環境の急変などによる過度のストレス、気候変動などによる飢餓。そして農薬を始めとする種々雑多な環境汚染物質による免疫力の低下。

蜂群崩壊症候群が、ミツバチたちの自らの種族を守ろうとする本能的行動なのだとすれば、上にあげたすべてが原因になり得るでしょう。
また、原因をひとつに特定できないのも頷けるところではないでしょうか。

近年とみに増えているのはおもに人為的要因、すなわち地球温暖化による気候の変化や過度の農薬散布による環境汚染物質の土壌への蓄積などが考えられます。

どちらも私たち人間が引き起こしたことと考えると、心が痛みますね。
……で終わらせてしまってはいけないのだと思います。

もはやミツバチたちの明日は、私たちの明日でもあるはず。
まずはECOから。個人レベルでできることには限界がありますが、一人ひとりが意識を持って行動していけば未来を変えることも可能です。

 各家庭でCO2を削減するには、極力ゴミを減らし、電力の消費量を抑えること。
 掃除機を使わず、箒(ほうき)とちり取り、モップやぞうきんを使う。
 洗濯をするときは、ある程度まとめて洗い、乾燥機は使わない。
 Webの閲覧など比較的軽めの作業なら、低消費電力タイプのパソコン、ネットブックやネットトップなどを使う。携帯で済ませられる人は携帯で。
 廃なゲーマーはネットゲームから足を洗う。2PCでのゲームプレーなどもってのほか。外出中の露天放置など問題外。
 夏は、熱中症にかかりそうなほど気温が高いとき以外はクーラーを使わず、扇風機で我慢する。
 冬は、部屋にいるときは衣服を一枚多く羽織り、床暖房やこたつなどとエアコンを併用する。
 マイカー通勤をしている人は電車やバス、自転車通勤に切り替える。
 たばこを吸っている人は禁煙に挑戦する。
 野菜を選ぶときは、なるべく無農薬の表示のあるものを。
 
 なぁんだ、けっこう簡単にできるようなことばかりじゃありませんか。
 孫の世代の人たちに、俺たちは自分自身の心の中にあるエゴ、自己中という化け物に勝ったんだ。と、胸を張って言えるような人生を歩いていきたいものですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白木蓮

Img_20093644


ぷはっ。
うーん、危うく窒息するところでした。
さすがに、三ヶ月以上も息を止めていると、苦しいですね。
って、無理無理。人間、三ヶ月も息止めていられません。

今回は、生存証明のための記事になってしまったような気が……。

720_3645

写真の花は、白木蓮です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

年賀状作成でおおわらわ

Img_2007082895

はぁ、年賀状、ようやく書き終わりました。
今年は、というか今年も、年賀状素材付きムック本のお世話になったんですけど、けっこういいですよ。
すでに筆王などの年賀状作成ソフトを持っていれば、多少バージョンの古いものでもぜんぜんいけると思います。
不知火は使い慣れているので、裏面のレイアウトやプリントに PhotoshopElements 、表面の印刷や住所録は一太郎で行ってますが。

あ、そうそう!
年賀状をこれから書こうと思っている人のために、便利サイトを一つ紹介しておきますね。
キヤノンの年賀状作成おたすけサイトです。
年賀状用の素材が無料でダウンロードできるみたいなので、安く上げたいなーという方にはもってこいかも。

http://cp.c-ij.com/ja/contents/1008/


えーと、あれ?
きょうは何か年に一度の特別な日だったような……。
うーん。うーん。
ま、いっか。
それでは、みなさん良いお年を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それが問題だ

Img_20083478


エアコンが壊れてしまいました(T-T)。
あー、いや買ったばかりのエアコンじゃなく、今まで居間で使っていたエアコンなんですけど。
リモコンを押してもまるで反応がないので、はじめはリモコンの電池切れを疑いましたよ、もちろん。
でも、電池を新しいものに交換しても、やっぱり反応なし。
さては、リモコンが逝ったかと、新しく買ったエアコンについてきたおニューのリモコンでも試してみましたが、結果は変わらず。orz
あ、新旧のエアコンは同一メーカーなせいか、リモコンもまったく同型でした。
なので、どちらかが壊れても残った方で操作できるから便利だなーとか思ってたんですよ。
はぁ、なんというか奇妙な偶然で、リモコンに問題があるわけじゃないと云うことは、あっさりわかったわけですが……。
一縷(いちる)の望みを託して、エアコン本体の強制運転スイッチを押してみたら、見事に起動!
こまかい温度コントロールとかはできない完全自動モードですが、まったく動かないよりはましです。
でも、やっぱりリモコンで操作できないのは、不便なことこの上なし。
こんなとき、皆さんならどうしますか?
壊れたエアコンは、十年くらい前のものです。
速攻で修理を頼みます? それとも新しく買っちゃいます?
不知火家では……。
家族会議の結果、今年の夏は強制運転モードで急場をしのぎ、来年新しいエアコンを買うことに決まりました。
長い目で見れば、最近の省エネタイプのそれを買った方が修理を頼むより得なのでは、というのがその理由です。
直せばまだ使えそうなものを修理して使い続けるか、それともエコな仕様の新型を買うか。
けっこう微妙な選択ですよね。
地球に優しいのは、どっちなんだろう。
不知火にもよくわかりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Img_20083568


あ~つ~い~。
夏だから暑いのは当然と云えば当然なんだけど、連日連夜の猛暑でさすがにぐったり。
不知火の部屋は日当たりのいい南東向きの二階にあるせいか、日中の室温は38℃まで上がっちゃうんですよ。
深夜になっても……部屋中のあらゆるものが遠赤外線をため込んでいて、30℃を下まわってくれません。
布団は、むわ~んと生暖かいし、もう寝苦しいの何のって。
やっぱり、地球温暖化の影響なんでしょうか。
山や川、田んぼや畑に囲まれていて涼しいはずの不知火家なんですけど……。
あー、そんなわけで、とうとう買ってしまいました。
文明の利器エアコンを(笑)。
はうぅ、涼し~い。
これで夏バテともおさらば、できるのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花桃

Img_2008033304


春爛漫ですね。
写真は園芸用品種の桃の花、花桃です。
一本の木に、白、ピンク、白地にピンクの混じった絞り……と、三種類の花が咲きます。
咲き分けと云うのでしょうか。
はじめは接ぎ木してあるのかな? とも思ったのですが、よく見ると一本の枝に絞りもピンクも咲いています。
調べてみると、花桃にはどうやらそういう品種があるようで、ちょっとビックリ。
華やかで可憐。
花桃は相反するような二つの性格を持った不思議な花です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幻日

Img_2006112479


首都東京に向かって飛んでいく核ミサイルを見事空中で迎撃!
決定的瞬間を捉えた貴重な一枚です。

えーと、きょうは四月一日。エイプリルフールですよ?
もちろんネタです。
合成っぽく見えますが、この写真縮小以外の加工を一切行っていません。
幻日(げんじつ)という、かなり珍しい自然現象に偶然飛行機雲が重なってこんな写真が撮れただけなんです。
撮影したのは一昨年の秋頃の事と記憶しています。
幻日とは、太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のことである。
Wikipediaより。
幻日についてもう少し詳しく知りたい方は、Wikipediaに飛んでください。

あ、フォトアルバム里山の四季に、あと三枚ほど幻日に関する写真を掲載しているので、興味のある方はどうぞ。
でも、サムネイルの表示順と「戻る」「次へ」のリンク順が微妙に食い違っていることがあるのでご注意を。
直したいのはやまやまなのですが、ブログの仕様上どうにもならない部分なので……。
どうかご理解くださいませ。

それでは、また。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リンゴ

Img_2008026403150_2

皆さん、リンゴはお好きですか? 
不知火は大好きです。
特に、蜜入り完熟のサンふじは、甘酸っぱくて最高!
そんなリンゴ大好きっこの不知火なわけですが、正直いって東京在住時はリンゴがあまり好きじゃなかったんですよ。変わったのは長野に引っ越してきて蜜入りのサンふじに出会ってからですね。
やはり、長野がリンゴの産地だったがゆえに、スーパーに並んでいるリンゴも当たりの確率が高かったんだと思います。
でも、たま~にハズレを選んでしまうこともあったので、買い物するときは慎重に蜜入りかどうかを見極めるようになりました。

美味しいリンゴの見極め方は、こんな感じです。

○見た目があまり赤くない。黄色の地色に赤い筋状の斑点がはっきり見える。

○さわるとサラッとした感触で、香りがいい。また、手に持つとズシッとした重みがある。

美味しくないリンゴの特徴は、こんな感じ。

○見た目が真っ赤で艶(つや)があり、さわるとベトベトする。
実の中心付近にあった蜜が、皮の外側にまで染み出てきてしまった熟れすぎのリンゴです。食べると甘いのですが、酸味が抜けてしまってあまり美味しくありません。

○持った感じが何となく軽い。指ではじくと、ぽそっという軽めの音がする。
水分が抜けてボケはじめています。買わない方がいいでしょう。

美味しいリンゴは皮をむかず、口にしやすいサイズに切り分けて食べるのがいちばん。
皮をむいてしまうと美味しさが半減してしまうばかりではなく、栄養のある部分を捨ててしまうことになるのでもったいないですよ?
リンゴの皮には整腸作用のあるペクチンがたくさん含まれているので、健康にも良いんです。
さあ、あなたも皮をむかずにレッツトライ!

あっ、最後に今回UPした写真について。
この写真に写っている木、実はリンゴの木なんです。

Img_2008023148

もう新芽を出しているんですね。写真を撮りつつも『 雪に負けず頑張れ!』と思わず心の中でつぶやいていました。
ああ、なんか恥ずかしいこと言っちゃったかな。
では、また。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

里山の雪景色

Img_2007123110


毎日寒い日が続きますね。
長野は今日も雪でした。今年はよく降ります。
でも、積雪量の方はそれほどでもなく、翌日には消えてしまうことがほとんどなんですけど。
ああ、そうそう。写真をたくさん撮ったので、これからしばらく、里山の雪景色をシリーズでお届けしてみようかな……なんて思ってます。
ではでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

備えあれば憂いなし

Img_2007082896

寒くなりましたね。
不知火家では石油ストーブがフル稼働中です。
灯油が値上がりしちゃったので、ちょっとあれなんですけど、背に腹は代えられません。
長野の冬は寒いんです。いや、マジで。
居間で使っているストーブは、アラジンのブルーフレームヒーター。ファンヒーターではなく、昔ながらの自然対流式石油ストーブなので、天板の上にやかんを載せておくことも出来ます。
ストーブでお湯が沸かせると、けっこう便利ですよ。多少なりとも省エネ出来ますし。
でも、火事には要注意。不知火家でも、つい先日やってしまいました。
なんか焦げ臭いな、と思ってふとストーブの上のやかんを持ち上げてみたら、底にコルクのコースターが張り付いていました。
あうあう。あぶな。
幸い気づくのが早かったので事なきを得ましたが、油断大敵です。

そうそう、火事といえば、火災警報機。
改正消防法が交付され、すべての住宅に火災報知器の設置が義務化されると云うことは、皆さんご存じですよね。
不知火家でも、遅ればせながら今年の秋に取り付けました。
設置の簡単な電池式で、熱感知タイプです。
住宅用の火災報知器は、一つ3,000円~5,000円程度と、そこそこ安価ですし、ネット通販などでも買えるので、まだ付けてないよーという方は、お早めに。

取り付け方のコツ、ですが。木造住宅の場合、天井裏にはたいてい梁が通っているはずなので、それを探しましょう。ドライバーの柄の方でこつこつとあちこち叩いてみて、重めの音が返ってくる箇所を見つければOK。そこが、梁の通っている部分のはずなので、ねじで留めるときはそこに留めます。
天井板の薄いところに取り付けると、自重で落下するケースがあるので、その予防のためです。
梁が天井板の外側にあったり、鉄筋コンクリートのマンション等にお住まいの方は、接着剤で。

ともあれ、これからが冬本番。
火災報知器のお世話になどならないよう、お互いに気を引き締めていきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)