携帯・デジカメ

フォトジェニック

日差しは強いけど、風がすがすがしくって気持ちいい季節ですね。新緑が目にまぶしいです。

今回は、フォトジェニックな花のお話です。
花にも、特別に写真うつりの良い花ってありますよね?
もちろん、撮る人のテクニックにもよるんでしょうけど。
裸眼でふつうに見るより、写真に撮ってからじっくり鑑賞(観賞?)する方が向いている花っていうのが。
その逆に、写真うつりのよくない花っていうのもあるかな。
デジカメって、銀塩カメラに比べるとダイナミックレンジが狭いそうなんです。明暗の階調表現が苦手っていうか。
だから、光沢のある花なんかを強い日差しの中で撮ったりすると、光の当たっている部分が白飛びして、さっぱりな写真になっちゃうことがよくあるんですよ。
かくいう不知火も、アルバムにUPできないような失敗写真を量産してます(笑)。

Hana200605021

えーと、マイフォト更新しました。よかったら見ていってください。

左の写真は、フォトジェニックな花? すずらんです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

L3と一緒

マイフォト更新しました。一気に40枚UP。モノクロ写真専用の新しいアルバムもつくってしまいました。

モノクロ写真って、独特の味があって好きです。
でも、味のあるモノクロ写真を撮るのって、ふつうにカラーの写真を撮るより、ずっと難しいような気がします。
見るのと撮るのでは大違い。精進あるのみ?

話は変わって。
IXYdigital L3を二週間ほど使ってみた感想など。
まず感じたのが、マクロの使いやすさです。
望遠側にマクロ機能がついているので、被写体とある程度距離をとって撮影できるのがこのカメラの最大の強みですね。
花のマクロ写真を撮るときなんかは重宝しますよ。
目測を誤って花粉がレンズに……みたいな事態に陥ることもないですし、撮影者自身の影も映り込みにくいです。
ただ、レンズが暗めなので手ぶれしやすいのが玉にきず。曇天の夕方になるとかなり苦しいです。不知火は、二秒セルフタイマー機能を使って手ぶれを防いでいますけど、やはり手ぶれ補正機能はついてて欲しかった。

L3でどんな写真が撮れるのかは、アルバムを見てもらえればわかると思うので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

| | Comments (3) | TrackBack (0)